光コラボレーション徹底比較

ライフスタイルに合わせた、光コラボレーション事業者選びをサポート!

*

IIJmioひかりに転用申し込み コンサルティングで色々聞いてみた

      2015/05/06

前回の記事の続きです。

IIJmioひかりに申し込みをするにあたって、ひかりプロビジョニングセンターというコールセンターからコンサルティングの電話がかかってきます。
基本的には移転にあたっての注意事項や切り替えのタイミング、工事が必要かどうかなどの説明があるのですが、せっかくのコンサルティングなので、色々転用にあたっての疑問を聞いてみました。

回線種別の変更は引っ越しのときに行ったほうがよい

光コラボレーションの場合は速度に関わらず月額料金が一定なので、転用を機に100Mから1Gへ速度変更を考えている人も多いかと思います。
もし、引っ越しを控えている場合はその際に速度変更をしてしまった方が、工事費がお得になるそうです。

回線種別の変更や、引っ越しの際の移転には工事が伴いますが、一度にすると工事費をまとめられるケースが多数だそうです。

プロバイダの解約を忘れずに

IIJmioひかりのようなプロバイダを選べない光コラボレーション事業者の場合は、現在使用しているプロバイダは解約しないといけません。

フレッツ光は自動的に切り替わりますが、プロバイダの解約は自分で行う必要があります。
解約を忘れて二重に請求されないよう、気をつけてください。

切り替えの日付は最短で4日後

私の場合4/28のコンサルティングで最短で5/2の切り替えになったので4日後の切り替えです。

申し込みから考えると約1週間で切り替えとなりました。

これは工事の有無や混雑状況で変わってくると思います。

転用元のサービスの料金

転用にあたって、フレッツ光と旧プロバイダの料金がどうなるか調べてみました。

フレッツ光は日割り計算されますが、プロバイダは多くの場合日割り計算されず、月末解約扱いになるようです。

プロバイダ料金は1000円程度と安いのでさほど気にならないとおもいますが、私の場合月初に切り替えとなったので、さすがにもったいないなと思い、フライングで4月末付けで解約してしまいました。
1日くらいはモバイル回線でがんばろうと思います。

転用の切り替えの日付はコンサルティングの際に決める事ができるので、最短が中途半端な日付の場合は、月末切り替えにしたほうがよいかもしれません。

無線LANルーター貸し出しは1Gだけのサービス

IIJmioひかりでは月額300円で無線LANルーターの貸し出しを行っています。
webサイトをみると不必要な場合はコンサルティングの際に申し出るとの旨が書いてあります。

私は無線LANルーターは所持しており、不必要でしたので、申し出たのですが、1G回線のみのサービスだそうです。

100M回線の場合はわざわざ言う必要がないそうです。
1G回線の場合はオペレーターの方から聞いてくれるのかもしれません。

回線切り替えのタイミングは朝8時

切り替えのタイミングは朝8時にNTTのシステムで自動で行われるそうです。

その前後に接続の設定を切り替える必要があります。

最後に

オペレーターの方の対応は非常によかったです。
色々聞いたのにもかかわらず、丁寧に対応して頂き、ありがとうございました。

 - 光コラボレーション関連情報

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

光コラボレーション期間限定キャンペーンまとめ 12月更新
光コラボレーション期間限定キャンペーンまとめ 12月更新

どうせ転用するなら、お得に転用したいですね。 期間限定でキャンペーンを実施している光コラボレーション事業者をまとめてみました。 工事費や事務手数料無料の会社が多いですが、期間限定で月額料金を割引し ...

転用の際に名義が違う場合の各社の対応
転用の際に名義が違う場合の各社の対応

光回線を転用する際に、セット割引のために、既存のモバイル回線がある事業者を選ぶというのはごく一般的なパターンかと思います。ただし、既存契約とフレッツ光の名義が違う場合、各社対応が違います。 ...

フレッツ光東日本の高額キャッシュバックが終了 
フレッツ光東日本の高額キャッシュバックが終了 

四月に入り、とうとうフレッツ光東日本の高額キャッシュバックが終了したようです。 現在はOCN光やSo-net光コラボレーションへの加入のキャッシュバック(1万円程度)に切り替えているようです。 西 ...

IIJmioひかりに転用申し込み コンサルティングで色々聞いてみた
IIJmioひかりに転用申し込み コンサルティングで色々聞いてみた

前回の記事の続きです。 IIJmioひかりに名義変更後に転用申し込み IIJmioひかりに申し込みをするにあたって、ひかりプロビジョニングセンターというコールセンターからコンサルティングの電話がか ...

名義が違う場合に転用する方法 フレッツ光を名義変更
名義が違う場合に転用する方法 フレッツ光を名義変更

前回の記事でも書いたようにフレッツ光の名義がモバイル回線と違う場合、IIJmioひかり、ドコモひかりなど転用できない事業者もあります。 転用の際に名義が違う場合の各社の対応 その場合はフレッツ光を ...

IIJmioひかりに名義変更後に転用申し込み 
IIJmioひかりに名義変更後に転用申し込み 

以前の記事で書いたようにIIJmioひかりでmio割を適用させるためにはみおふぉんの名義とフレッツ光の名義が同じでないといけません。 名義が違う場合に転用する方法 フレッツ光を名義変更 私はIIJ ...

光コラボレーションについて
光コラボレーションについて

光コラボレーション、もしくは光コラボレーションモデルとは従来NTT東日本、西日本が提供していたフレッツ光を様々な事業者がNTTから光回線の提供を受け、卸売りするサービスです。従来のフレッツ光で ...

光コラボレーションの契約 新規と転用について
光コラボレーションの契約 新規と転用について

今回は光コラボレーションの契約形態についてまとめてみました。光コラボレーションで光回線を使用するには新規と転用の2種類の方法があります。それぞれ携帯電話の契約でいうと新規とMNPのイメージに近 ...